トーイック攻略プロジェクト@トーイック講座
単語が別れて聞こえると絶賛!日本人の弱点を徹底追求
トップページトーイック勉強法明日からあなたもスーパービジネスマン【トーイック攻略プロジェクト】

トーイック勉強法

僕は毎日英字新聞を読んでいるのですが、それを友達に見られたりすると、

「すごいね〜。」

「よくそんなの読めるね〜。」

なんて、お褒めのお言葉をよくいただきます。(〃 ̄ー ̄〃)

 

けどね…。実はそんなの別にすごいことでもないのですよ。

 

だって、僕、その新聞の10分の1も読んでないですから。(爆)

 

日本の新聞でもそうだと思うんですが、新聞の記事では大体、大事なところが最初の一段落に集約されて書かれています。

いわゆる、5W1H。

Where (どこで)  Who(誰が)  When (いつ)  What(何を) How(どのように)  した。

これが新聞の記事の場合、最初の一段落に全て書かれているので、そこさえ読めば大体の概要は分かってしまいます。

だから、いくつもある記事のそのたった最初の一段落さえ読んでしまえば、新聞全体の概要を把握できてしまうんですよね。

しかも、一記事の一段落なんて、せいぜい5,6行のものなので、多く見積もっても30分もあれば、らくらく新聞一つを読み通せてしまいますし、最初の一段落だけだったら、そこまで語彙力がなくても読めるはずです。

 

これだったら、英字新聞を毎日読むというのも、さして苦にはならないのではないでしょうか。

 

英字新聞を読むことによって、海外の時事に強くなり、これは外資系に就職、転職などを考える人にとってはとても有利になるはずです。

英字新聞を毎日読むことで、間違いなくあなたの英語力はアップします。

こんなメリットを考えても、これをやらない手はないですよね。

 

僕は読む新聞として、「Wall Street Journal」というアメリカの経済誌を勧めていますが、これはなるべく通勤、通学の電車の中で読むようにしてください。

そうしたら、周りのあなたを見る目が変わりますから。(笑)

普通にその新聞を読んでいるだけで、周りから見ればあなたは英語を自在に操るスーパービジネスマンに早変わりです。

 

女性の場合にもこれはある利点があるんです。

僕の友人の女性が電車に乗っているときに、怪しいおじさんが近づいてきて、軽く痴漢まがいのことをされたらしいのですが、そこでこの「Wall Street Journal」を取り出して読んでいたところ、そのおじさんはすごすごと退散してしまったそうです。

きっと、「負けた…」とでも思ったんでしょうね。(笑)

その後も、その新聞を読んでいるときは一切痴漢みたいのには会わなくなったと言ってましたから、相当にパワフルなツールなんでしょうね。

女性の方々、是非お試しください♪

 

人気blogランキングへ参加中です。ご協力をお願いします♪

人気blogランキングへ→ランキングバナー

 

             トーイック攻略トップページへ


トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ご案内
ランキングバナー

日本人の英語力は世界主要国の中で下から2番目!?
「そんなの決してよろしくないわ!」
と、少しでも思ってくださった方はランキングのご協力お願いします☆

__________________________________

運営ポリシー

英語が出来る人の代名詞、「トーイック高得点」を達成するために役立つ情報をバシバシ発信していく予定です。応援よろしくお願いします☆

アメリカの大学を卒業している管理人がトーイックに限らず、英語、留学に関する質問に何でもお答えします☆

気軽に質問くださいね☆

キーワードアドバイス
ツールプラス
Powered by SEO対策


サイトマップラス
Powered by SEO対策

プライバシーポリシー