トーイック攻略プロジェクト@トーイック講座
単語が別れて聞こえると絶賛!日本人の弱点を徹底追求

トーイック・英文法

僕がトーイックの勉強をしているときに、よく見かけた文法のちょっとしたひっかけ問題です。

Unless と Without (〜しない限り、〜なしで)

・I can't study unless you help me. (あなたが助けてくれないと私勉強ができないわ。)

・I can't study without your help. (上と同じ。)

この2文の訳は両方とも同じ様なものになりますが、unless と without の後に続く文が微妙に違いますよね。

unless の後には主語と動詞が続く文章になっています。

一方、without の後には名詞が続いています。

ですので、もしトーイックの文法問題で、

I can't move on (      ) you do this.

というものがあれば、あなたが選ぶべき答えは。。。

 

もう、分かりますよね♪

 

               トーイック攻略トップページへ


英語の辞書などを見ると、存在する英単語の量に圧倒されたりすることがあります。

「英語をマスターするためにはこれを全部覚えなきゃいけないの…?」

って、そんなわけはないですよね。(笑)

ネイティブスピーカーが日常に使う単語量というのは実は大したものではありません。決して少なくもありませんが、到底覚えられないほど多いものでもないです。

使われない数多くの単語を覚えるよりも、ネイティブスピーカー達がよく使う単語をピンポイントで覚える。

この考え方の方がより効果的に英語の学習は進めることができるので、英語を喋れるようになるためにはただ覚える単語の量を増やすのではなく、しっかり使用頻度が高い単語から覚えていきましょう。

ちなみに↓の教材は僕が使用していたものなんですが、

 

英単語・熟語ダイアローグ1800改訂版

英単語・熟語ダイアローグ1800改訂版

 

ごくごく基本的でかつよく使われる単語、表現が詰め込まれた良書です。

会話文が主の本ですので、ネイティブスピーカーたちの生の会話を読め、しかもそれを付属のCDで聞くこともできるので、英単語だけではなく、全体的な英語の実力を上げるのに役立ちます。

ちなみに、トーイックで900点以上の点数をもっている人は、この本に載っているほとんど全ての単語を知っていると思って間違いないでしょう。

持っていて決して損にはならない一冊だと思いますよ。

 

              トーイック攻略トップページへ


僕がよくみかけた間違えやすい文法問題。

While と During

この二つの単語は両方とも「〜の間に」という意味なのですが、使い方が違ってきます。

「While」の後には、主語、動詞などが続く完全な文がその後に続きます。

例えば、

While I was taking shower, he ate my pudding.  (私がシャワーを浴びている間に、彼が私のプリンを食べた!)

While の後に注目すると、しっかり主語(I)、動詞(was taking)が続いた文章になっていますよね。

一方、Duringの場合、

During summer, you have to study hard to catch up. (夏の間に、あなたは一生懸命勉強して遅れを取り戻さなくちゃだめよ!)

この場合Duringの後には、Summerという「名詞」がきます。

つまり、Whileの後には、文章が続き、Duringの後には必ず名詞がくる。

これだけをしっかり覚えておけばOKです。

 

(   )I was going out, my dog ran away.  (私が出かけている間に犬が逃げ出してしまった。)

 

(   )the test, I saw my friend cheating. (テストの間に、友達がカンニングをしているのを見てしまった。)

さて、( )の間には何が入るでしょー???

 

               トーイック攻略トップページへ


トーイック攻略のために避けては通れない英文法。(ノД`)

文法は日本人にとって得意な分野とも言われていますが、それは一部の大学受験者で、しかもそれなりの大学に合格したような方達だけに当てはまるのではないでしょうか。

事実、中学、高校とろくに勉強してこなかった僕にとって、英文法が簡単だなんて口が裂けても言えませんし、実際、僕がアメリカから帰国した後に受けたトーイック試験で一番足を引っ張られたのが文法問題でしたから。(爆)

 

(そう考えると、僕は一体どうやってアメリカの大学を卒業したんでしょうね。。。)

 

文法もリスニングやリーディングと一緒で、やはり量をこなすことが実力アップの近道だと思います。

市販の文法問題集を買ってきて、とにかく量をこなす。

量をこなすうちに一つ一つの問題に対して、「あ〜、これはこういうことか。」と理解するようになってきますし、自然とトーイックの文法問題のパターンも見えるようになってきます。

なので、しっかり量をこなしましょう。

ネット上でこんなものも見つけたので、是非試してみてください。

英語テスト☆ドットコム

ここでは無料でトーイック文法問題の練習をすることができます。

頑張ってください!

 

ランキングに参加中です。あなたの清き一票をお願いします!

人気blogランキングへ→ランキングバナー

 

             トーイック攻略トップページへ

 


英会話TOEICはもちろん、英語の超!基本として絶対忘れていけない言葉たち。

いわゆる、5W1Hっていうやつですね。

Where (どこで)

What (何)

Which (どちら)

Who (誰)

When (いつ)

How (どのように)

 

なぜ、これらを5W1Hと言うかというと。

これらの単語の一番最初のLetter(アルファベット)を見てください。5つがWで一つがHから始まってるでしょう?

だからです(笑)。

英語がまだうまく出来ないときは、外国人とのコミュニケーションを円滑に進めるために、あなたは質問上手でなければなりません。英語ができないうちにあのアメリカ人のマシンガンのようなトークについていくのは至難の業ですし、気の利いたことも言えず、ただ下手な英語をしゃべっているだけだったら相手が嫌になってしまいます。

人は他人の話を聞くよりも、自分がしゃべっているときの方が楽しいと感じるものですからね。どんどん質問をして、どんどん相手にしゃべらせましょう。

(英語というのはあくまで Tool(道具)であって、コミュニケーションを成功させるためだけのものです。その成功のためにあなたの英語が完璧である必要はないんです。)

その会話が終わったあとにはきっとその相手はあなたのことを好きでしょうがなくなりますよ(笑)。アメリカ人は特におしゃべり好きですからね。

ですから、質問をするときに頻繁に使うこれら5W1Hはしっかりあなたのものにしておいてくださいね。

(例文)

Where did you grow up?(あなたはどこで育ったのですか?)

What do you do for living?(あなたの仕事は何ですか?)

Which one is your favorite? Coffee or tea. (コーヒーと紅茶だったらどちらがすきですか?)

Who is that guy? (あの男の人は誰?)

When is your birthday?(あなたの誕生日はいつ?)

How can I open this? (これはどうやって開けたらいいの?)

 

何となくイメージできますか??

あなたも色々と例文を作って書いてみてくださいね。面倒な作業かもしれませんが、そういった努力が後々花となって開きます。

頑張ってください!!!応援してます!!

 

              トーイック攻略トップページへ。


ご案内
ランキングバナー

日本人の英語力は世界主要国の中で下から2番目!?
「そんなの決してよろしくないわ!」
と、少しでも思ってくださった方はランキングのご協力お願いします☆

__________________________________

運営ポリシー

英語が出来る人の代名詞、「トーイック高得点」を達成するために役立つ情報をバシバシ発信していく予定です。応援よろしくお願いします☆

アメリカの大学を卒業している管理人がトーイックに限らず、英語、留学に関する質問に何でもお答えします☆

気軽に質問くださいね☆

キーワードアドバイス
ツールプラス
Powered by SEO対策


サイトマップラス
Powered by SEO対策

プライバシーポリシー