トーイック攻略プロジェクト@トーイック講座
単語が別れて聞こえると絶賛!日本人の弱点を徹底追求

トーイックと英会話

えいごリアン」とはNHK教育テレビジョンで放送されている、日常的な英語表現や会話に慣れ親しみ、また、諸外国の文化を知ることで、国際社会でのコミュニケーション能力を育んでいくことを目的としている子供向けの教育番組のことです。

小学校から英語教育が始まるかもしれない、と聞いて結構心配していらっしゃる親御さんたちも多いと思います。なにせ子供たちは質問魔ですからね。(笑)

是非こういったもので、子供だけでなく親御さんたちも一緒に勉強しましょう。

ちなみに僕も小学校の時に学校を休んだりしたときは絶対これらの教育番組は見ていました。

ときには、テレビを見たいが為に仮病を使ったことも…(汗)

 

えいごリアン

人気blogランキングへ→ランキングバナー

 

                トーイック攻略トップページへ


英語と米語の違いと言えば要するに主にイギリスで話されている英語と主にアメリカで話される米語の違いのことです。

一見、「どっちも一緒なんじゃないの?」と思いがちなんですが、これが結構違うんですよね。

一番大きな違いはやっぱり発音。

米語では皆さんもご存知の、あのRを発音するときの巻き舌がありますが、英語にはこれがありません。これは日本人にとっては朗報ですよね?

あと大きな違いと言えばAの発音ですかね。

例えば、Tomatoという単語。

英語ではこれを「とまーと」と発音しますが、米語では「とめぃと」と発音します。

強いて言うならば、はきはきとしっかり喋るのが英語だとしたら、米語はもっと。。何というか。。ねちっこい感じがします。(笑)

米語に慣れている僕にとっては、英語は注意深く聞かないと聞き取ることができませんし、逆に英語に慣れている人は米語をうまく聞き取ることができないようです。

ただ、こういった違いはありますが、英語、米語どちらかを覚えてしまえば、どちらの国にいっても問題なくコミュニケーションはできるので、どちらをやったらいいか?というのは特に気にしなくてもいいと思います。

基本はどちらも同じですから。

新トーイックのリスニングでも色々な国の発音で出題されるらしいですが、こちらもスピード自体がゆっくりなので、多少の発音の違いはさして問題にならないでしょう。

自分がやりやすい、もしくは覚えたいと思った方を勉強すれば良いと思います。

 

               トーイック攻略トップページへ


アイチテルというTBSの深夜番組を皆さんご存知ですか?

僕も、レイラ(エストニア)、フィフィ(エジプト)、ディアナ(ペルー)、メラニー(オーストラリア)、シモネ(ブラジル)、ジェン(アメリカ)

と、出演者の名前と国籍が全て一致できるぐらいに毎週この「アイチテル」は見ているわけですが(笑)

この番組の何がすごいって、外国人である出演者の方々の日本語の流暢さがすごいですよね。

人によってはちょっとした訛りやアクセントがどうしてもありますが、それにしてもあそこまで喋れるのはすごいと思います。

アメリカに成人後に渡って、数十年以上住んでいる人を何人も見たことがありますが、あそこまで外国語を流暢に話す人ははっきり言っていないです。

日本語は比較的覚えやすい言語なんでしょうかね?

語学を勉強している人にとっては、この「アイチテル」は何かと感じるところがあるかもしれませんよ。是非一度見てみてくださいね。

ちなみに僕は、発言に思慮深さが感じられるフィフィさんが一番のお気に入りです。(笑)

 

               トーイック攻略トップページへ


読む前にちょこっとお手伝いをお願いします。

人気blogランキングへ→ランキングバナー

 

マンツーマン英会話などを主に提供する魅力的な学校が最近増えてきましたよね。

僕もアメリカの語学学校でマンツーマンレッスンは受けていましたが、マンツーマンだといくら英会話ができなくても、無理やり話さなければレッスンどころか、最低限のコミュニケーションも進んでいかないので、英会話をするにはもってこいのレッスン形態だと思います。

だけど、正直な話、英会話が全くと言っていいほど出来ない人にとっては、このマンツーマン英会話はどうかな、とも思います。

先ほども言ったとおり、マンツーマンで会話をしているので片方が全く喋らないと先生もどうしていいか分からず、結局全てのレッスンが無駄に、ということにもなりまねません。先生方は基本的に英語以外で喋ってはいけないはずですから。

もちろん、どんなに時間が掛かろうが、自分の言いたいことを片言でも喋れる人にはこれは当てはまりません。

だけど、このレベルにも達していない人にとっては、最初はネイティブスピーカーとのマンツーマンレッスンではなく、英会話の出来る日本人からレッスンを受けた方がいいと思います。

英会話ができる日本人は、日本人が苦手とするポイント、日本人が英会話を上達させるコツみたいのものをしっかり把握しているはずですからね。

最初は日本人からしっかり英会話のコツを学び、ある程度の英会話力がついたら、そこからネイティブスピーカーとのマンツーマンレッスンなどで、場数を踏む。

これが一番効率的だと思います。

 

              トーイック攻略トップページへ


日本人が欧米の人たちと喋るときに意外と苦手としてしまうのが、自分の発言をしっかり論理的にするいうことなんです。

どういうことかと言うと。。

例えばアメリカの人とこんな会話をしたとします。

 

アメリカ人: 君は今のアメリカの大統領についてどう思う?

日本人: んー。あんまり好きではないかな。

アメリカ人: どうしてあんまり好きじゃないの?

日本人: ・・・

 

と、このようにみんな意外とつまってしまうんですよね。

日本だったら「あんまり好きじゃない。」と言った時点で、「あー、そうなんだ。」とみんな納得しますが、アメリカではこれは通用しません。

アメリカではその人が物事をどう思っているか、よりも、その人がどういった経緯でその考えに至ったかを重視します。

I don't like him that much because.... (私は彼があまり好きではありません。なぜなら。。。)

この「何故なら」の後に続く言葉が大事。

 

アメリカ人などの欧米人は幼少のころからこういった思考法を学ぶので、ある意味こういった話し方が常識となっており、一方我々日本人はこういったものには慣れていないので中々うまくやることができません。

僕が見た感じだとアメリカに来て間もない人などは、英語ができないというよりも、こういった話し方がうまくできなかったように見えました。

英語の勉強と同時に、「私はこう思う。何故なら。。」といった考え方の練習をしておくと、より外国人とのコミュニケーションは円滑になるはずです。しかも、日本においても人を説得するときなどにこの論法はとても役に立つものなので、これはとても便利になるはずですよ。

是非実践してみてくださいね。

             

                トーイック攻略トップページへ


たった2週間であなたが英語を喋れるようになると言ったら、あなたは信用しますか?

それがうそだと思う人も、有り得ると思う人もこちらを一回読んでみてください。

 

超スピード英会話術!たった2週間で。

 

英会話なんてこつさえ覚えてしまえば本当に簡単なんですよ♪

 

             トーイック攻略トップページへ


「仕事で急に英語を使わなくちゃいけなくなっちゃった!!お願い!助けて!」

と、まれに言われることがあるんですが、これはちょっと無理な相談です。

プレゼンなどで英語を使わなくちゃいけないという話ならば、プレゼンするものを英語に訳してあげるということは十分に可能なわけですが、その後の質疑応答を考えると、これはどうしようもありません。

周りに英語を喋れる人はまったくいないのか、と聞いてもそれは全くいないとのこと。。

「じゃあ、気合で乗り切れ!」

なんてわけの分からないアドバイスをしたりしています。(笑) 

別に英語が出来ないからって取って食われるわけでもないですからね。

 

日本に住んでいると英語を必要な状況なんてそうそうあるわけでもありませんが、上で述べたもののように、その必要性はある日突然現れたりします。

ある日突然、外国人に道を聞かれたりね。

そのときにあわてないためにもやっぱり英語には日ごろから慣れていたほうが何かと得ではないかと思います。

一日に一回は英語のドラマや映画をみるとか、この程度のことだけでも全然違ってくると思いますよ。

もちろん、映画は字幕なしか、英語の字幕で見てくださいね。

 

ランキングにご協力お願いしまーす。

人気blogランキングへ→ランキングバナー

 

               トーイック攻略トップページへ


僕が留学していたロスアンゼルスはアメリカ人以外にも、その他の外国人がたくさんいるため、比較的皆外国のアクセントには慣れているようです。

多少、アクセントがあっても皆ちゃんと聞いてくれますし、外国人に対しての理解がちゃんとあるように見えました。

だけど実際問題、アメリカ人は外国人のアクセントにちゃんと聞き耳をたててくれるほど決して辛抱強くはありません。(相手が日本に興味がある、もしくは何かしらの下心がある場合は別です。)

これは僕が知っているアメリカ人誰もがも認める事実です。

実際ロサンゼルスでは通じていた英語がちょっとそこから離れると全く通じなくなるということも経験しましたし、そんなところではアクセントのある英語を話すと、すごい敵意むき出しな顔をしながら、「はぁ〜?」なんて言葉が返ってきたりします。

 

てめぇ〜。こんちくしょー!!(ノ ゜Д゜)ノ ==== ┻━━┻

 

これは僕にとってもすごく悔しいことだったので発音にはそれからすごく気をつかうようになりました。そこで腐ってなにもやらないよりも、アメリカに居る以上は相手に合わせなければどうしようもないですからね。

発音は自分が自信をもって英語を喋るためにも必要なものです。

英語を勉強するときはこの「発音」も是非頭にいれながら進めていくといいと思います。

 

■発音ができれば英語は通じる

 

              トーイック攻略トップページへ


━◆速報ニュース!◆━━ペット型:英会話レッスンロボットが登場!━━━

■『英語学習が変わる!』子供から大人まで!ロボットと英会話レッスン!

  多彩なフレーズと反応で、自宅でも可能な学習方法『英会話ロボット』が
  注目を集めている。価格も3万円台と、一般にも手の届くレベルである。
  会話中、英語がわからずにつまずいても、ロボットが適切な英語をサポー
  トしたり、話題を変えるなどしてくれる。英会話の経験がない、カタコト
  の単語レベルの会話にも対応しており、12,000フレーズ認識発話と、大人
  でも、常に刺激的な会話が楽しめるという。文法、単語などの、総合的な
  英会話の学習に、人気を呼んでいる.
 

 詳細→"http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=109DWX+8C38Y+5K+1NKUIA" target="_blank"

 

これは面白そうですねー。この会社のホームページに元ブラジル代表のサッカー選手のサンパイオ氏が登場しているのにもびっくりです。(笑)

これで家でも気軽に英会話を楽しむことができますね。♪

 

                トーイック攻略トップページへ


ビジネス英語と聞くと、何か難しい感じがしません?

日常英会話をマスターしたような人でなきゃ、ビジネス英語なんて使えるわけがない。

そんなイメージですよね。(えっ?違う?( ̄□ ̄;) )

 

だけど、実はビジネス英語の方が日常会話よりも簡単だったりします。

仕事でつかう英会話はもちろん自分の専門分野なので意外とそこら辺の語彙力は問題にはなってきません。しかも、頭で伝えなければならないことがはっきりしているので、意外と英語がすらすらと口からでてきます。

もし、しっかり中学生レベルの英語をマスターしていればの話ですけどね。

ビジネスの世界ではどれだけ短く、分かりやすく話すかが大事になってきますので、この中学生で習ったぐらいの英語で単純にすらすら話す方が、わざわざひねった単語や表現を使うよりも断然良いわけです。そして、それは決して難しいことではありません。

仕事中は英語でばりばり話しているのに、アフター5での仲間との飲み会などではなかなかしゃべれない人って結構いるんです。

 

ランキングに参加中です。ご協力感謝します!

 

人気blogランキングへ→ランキングバナー

 

                   トーイック攻略トップページへ                    


ご案内
ランキングバナー

日本人の英語力は世界主要国の中で下から2番目!?
「そんなの決してよろしくないわ!」
と、少しでも思ってくださった方はランキングのご協力お願いします☆

__________________________________

運営ポリシー

英語が出来る人の代名詞、「トーイック高得点」を達成するために役立つ情報をバシバシ発信していく予定です。応援よろしくお願いします☆

アメリカの大学を卒業している管理人がトーイックに限らず、英語、留学に関する質問に何でもお答えします☆

気軽に質問くださいね☆

キーワードアドバイス
ツールプラス
Powered by SEO対策


サイトマップラス
Powered by SEO対策

プライバシーポリシー