トーイック攻略プロジェクト@トーイック講座
単語が別れて聞こえると絶賛!日本人の弱点を徹底追求

スラング

アメリカで結構普通に使われている、他人を侮辱するときの言葉ってひどいですよね。

Bitch とか、Son of a bitch とか、Mother f_cker とか。

日本語にすると、とても人様には言えないようなぞっとする言葉ばかりです。

よく友人から、これらの言葉を日本語でどう言うの?と聞かれたりしたんですが、これが結構困るんですよね。

日本語でそこまでひどい、相手を侮辱する言葉ってないじゃないですか。

かといって、直訳するとどうしてもおかしくなってしまうし。

そこで色々と考えてでてきた言葉が、「お前の母ちゃんでべそ。」だったんですが、その英訳をその友人に教えたら、大笑いしてましたね。

「そんなの言われても全然むかつかない。」

とか、言って。。

じゃあ、何だ?と思って次に思いついたのが、

「てめぇ、けつの穴から手突っ込んで奥歯がたがた言わすぞぅ!」

だったんですが、これは訳も教えてあげたらすごく気に入ったみたいで、必死に暗記してました。(笑)

今では、最初から最後までしっかり発音も完璧になり、人に手当たり次第言っているみたいです。

 

話はそれてしまいましたが、こんな経験をして、やっぱり日本人は基本的に他人に対する思いやりが強いのかなー、と使われている言葉からそう思いましたね。

 

                 トーイック攻略トップページへ


今日はちょっと汚い英語のご紹介。

"I don't give a shit."

この意味分かりますか?直訳すると「う○ちはあげないよ。」となるんですが、これでは意味分からないですよね。

これの本当の意味は、"I don't care." 「気にしないよ。」となります。

例文で使ってみると。

 

"Quit smoking!! It really kills you!!"  「たばこをやめろよ!本当に体に悪いんだぞ!」

"I don't give a shit." 「俺は気にしないよ。」

とか、

"He is really mean. Don't you think?" 「彼って本当に意地悪だよね。そう思わない?」

"I don't give a shit." 「別に彼なんてどうでもいいよ。」

 

映画などを見ていても結構使われているフレーズなので、覚えておくと何かと便利かと思います。

だけど、使っちゃだめですよ。あくまで知識として覚えておいてくださいね。

 

ランキングにご協力お願い致します!

人気blogランキングへ→ランキングバナー

 

              トーイック攻略トップページへ


アメリカにいる留学生たち。日本人に限らず、世界各国からの男子留学生。

なぜか皆、いわゆる「汚い英語」から覚えていきます。

 

それが男というものです。

 

これらは、本当はあんまり使ってはいけない言葉なんですが、間違いなく知りたいという需要はあると思いますので、いくつか紹介します。

 

・Jerk off  (自慰行為をする。)

・blowjob  (オーラルセックス)

・Go fuck yourself! (「失せろ!!」みたいな感じだけど、もっときつい感じ。)

・Bitch  (くそ女、あばずれ)

・be turned on  (ムラムラする。)

・Slut  (ヤリマン)

・Smoke  (マリファナを吸う)

■人を侮辱する呼び方。

・Bastard

・Asshole

・son of a bitch など。

 

くれぐれも言っておきますが、これらは絶対に人前で使ってはいけません。

あくまでも一つの知識として覚えておく程度にしてください。

間違っても、僕から教わったなんて言わないように!(笑)

 

                トーイック攻略トップページへ。


ご案内
ランキングバナー

日本人の英語力は世界主要国の中で下から2番目!?
「そんなの決してよろしくないわ!」
と、少しでも思ってくださった方はランキングのご協力お願いします☆

__________________________________

運営ポリシー

英語が出来る人の代名詞、「トーイック高得点」を達成するために役立つ情報をバシバシ発信していく予定です。応援よろしくお願いします☆

アメリカの大学を卒業している管理人がトーイックに限らず、英語、留学に関する質問に何でもお答えします☆

気軽に質問くださいね☆

キーワードアドバイス
ツールプラス
Powered by SEO対策


サイトマップラス
Powered by SEO対策

プライバシーポリシー